小刀制作講座(岡山 備前おさふね刀剣の里・備前長船刀剣博物館)

佐用は岡山との県境にあるので、岡山のイベントにもわりと気軽に行けます。

 

岡山には有名な刀剣の里「長船」という所があります。相方はこの冬、ぶどう畑の作業の合間に、長船で行われている「小刀制作講座」に通っています。

 

今回は2回目。全体を磨き上げて「銘」を彫ってきました。「ただでさえ字に自信がないのに…」といいつつ、嬉しそうに見せてくれました。

 

ただただひたすら何時間も同じ作業を続けて…って、ぶどう畑とおんなじ…。この人はほんとにこういう作業が好きなんだなぁ~とつくづく思います。

 

あと何回か通わないと出来上がらないのだそうです。「名刀」とまではいかないまでも、せめて「迷刀」にならないように祈るのみです。(^ ^;

 

ステーキハウス ドルフィン (赤穂)

今日は来客があったので赤穂まで迎えに行きました。お昼は大奮発してステーキ!赤穂のステーキ屋「ドルフィン」さんに行ってきました。

 

お肉もジューシーで軟らかくおいしい~!最高でした。

 

帰りにレジの所に行ったら、あの「スマイリングシンデレラ」渋野日向子さんのサインが…。つい2週間ほど前にご来店されていたんですね~。

 

今年もあと数時間で終わり。いつも読んで頂いてありがとうございます。来年がみなさんにとって、幸せでまったりほっこりした年となりますように。

佐用 ホルモンうどん 鉄板焼き「ふじ」

相方が佐用でお昼ごはんを買ってきてくれました。

 

佐用のB級グルメ「ホルモンうどん」の美味しいお店、鉄板焼き「ふじ」さんのホルモンうどんのお持ち帰りです。

 

ニンニクとゆずのトッピングにソースもついています。ニンニクたっぷり。ホルモンも美味しくて、お野菜はシャキシャキ、麺はもちもち。忙しい年末にスタミナたっぷりの美味しいお昼になりました。

「岩津ねぎ」の季節

先日、外出から帰ってきたら、玄関先に気の早いサンタさんからの贈り物が…。毎年、この時期に「岩津ねぎ」を届けてくださる方からです。

 

「岩津ネギ」は「下仁田ネギ」「博多万能ねぎ」と並んで「日本三大ネギ」と言われている、兵庫県朝来市の特産品です。

 

毎年解禁日が決まっていて、初出荷は12月10日。太い白い部分も、緑色の部分も全て美味しく頂くことが出来ます。甘くておいしくて、中のトロトロもたっぷり。

 

産地の直売所に行くと、岩津ネギの加工品もいろいろ出ています。…これもまた美味しいんです。

 

さて、焼きネギにしようか、鍋にしようか、おうどんもいいなぁ~…

味わいの里三日月 新そばまつり

今日はお知らせです。

 

次の日曜日、近くの直売所「味わいの里三日月」で、恒例の「新そばまつり」があります。三日月のそば畑で作られた美味しいお蕎麦が試食できます。

 

また、この日は味わいの里三日月で麹から作られている美味しいお味噌の1割引きセールもあります。

 

そして!杵つき餅あるんですね~!これも楽しみ!

 

お蕎麦の試食も、お味噌の1割引きも、数に限りがあります。お早めに!

 

JR姫新線 三日月駅のイルミネーション

恒例の三日月駅前のイルミネーションが始まりました。よく、イルミネーションというと、クリスマスが終わってしまうとすぐに撤収されてしまいますが、このイルミネーションは新年を迎えてからも1か月ほど点灯しています。

 

冬の寒い夜、姫新線を降り立つ度に、この暖かいイルミネーションに癒されます。

 

駅の西の方角、三方里山に輝く三日月のイルミネーションは、「6時」とか「7時」とかの丁度の時刻には数分間だけ流れ星が流れます。この時期、運が良ければ流れ星とのコラボレーションが楽しめるかも?

 

(イルミネーションを楽しまれる方は、車などにお気を付けてくださいね。)

 

さよう マラソン&ウォーク

今日は「さようマラソン&ウォーク」です。ほぼ毎年、自宅近くのハーフマラソンコースで旗を振って応援してます。颯爽と快走されている方、ゆっくりでもにこやかに走られている方、いろんなコスチュームを着て楽しみながら走られている方、高齢でもがんばっている方…いろんな方からたくさんエネルギーを頂いています。

 

でも、どうか無理はせずに、元気でゴールを目指してくださいね。

味わいの里三日月 「きママ工房」さんのスイーツ

昨日のブログでご紹介した直売場「味わいの里三日月」のおすすめがもうひとつ。「きママ工房」さんのスイーツです。

 

写真の左上がプリン、右上がシフォンケーキ、下がドーナッツ風のお菓子。(中にあんこが入っています。)

 

ここの特徴は、厳選された原材料を使って作られていること。…とにかく食べてみたらわかります。美味しいです。この中でも私のイチオシはプリンです。

 

味わいの里三日月さんでは、この他にちらし寿司や、直売所オリジナルのお饅頭や巻き寿司、食堂のランチも、素材の味を大切にされたお母さんの味で、とっても美味しい。

 

販売日が限られている商品もあるので、遠方から来られる方は、お電話でお問い合わせの上ご来店されることをお勧めします。

 

味わいの里三日月の収穫感謝祭

次の日曜に、直売所「味わいの里三日月」で、収穫感謝祭があります。美味しいものたくさん、楽しい事たくさん、盛りだくさんの一日です。

 

私は毎年、つきたて餅が目当てで…。

 

味わいの里三日月は、まず、お味噌が美味しい。それからお蕎麦も。もちろんお米も。加えて、お味噌やお蕎麦の加工品も。それから新鮮なお野菜も手作り品もおすすめです。

 

…で、変わったところで、畑に撒く「EMぼかし」も愛用しています。基肥に入れてもよし、追肥に撒いてもよし、堆肥に積んでもよし…とっても優秀なぼかしです。

 

味わいの里の周りの山々も紅葉が美しくなってきました。美味しい空気の中で、ほっこりとした里山を満喫できる一日です。

手作り醤油仕込み教室 於・発酵LabCoo(発酵ラボクー・手作り発酵教室・たつの市)

先日、たつの市の手作り発酵教室「発酵LabCoo」の手作り醤油仕込み教室に参加してきました。

 

写真二番目のマメマメしい緑のつぶつぶが、本日の主役「醤油麹」たちです。水に塩を溶かして、醤油麹を混ぜて仕込み完了。でも、これからが大事。マメに日々かき混ぜてお醤油に育てます。出来上がりは来年の夏を越えてからだそうです。

 

写真の下から二番目が仕込んだ当日の様子。液は灰色がかったモスグリーン。醤油麹の大豆と麦もすぐに分離して、麦が下に溜まったようになります。香りも少し粉っぽいような感じです。

 

一番下の写真が今日の様子。少し味噌っぽい色になってきました。大豆と麦も随分馴染んできました。香りも味噌っぽい雰囲気に…。

 

たった3日で、この劇的な変化!感動~~!

 

真ん中の二つの写真は当日作って頂いた発酵ランチです。五感全てが幸せになったひとときでした。

 

ここの教室は定期的にいろんな発酵教室を開いています。先生は、もともと発酵関係の食品の大手企業で働いておられた方で、私のアホな質問にも、打てば響くような回答が返ってきます。

 

そのうえ、忙しい日常生活の中でも、無理なく取り入れられる方法を伝授してくださるので、「私でもできる!」と思わせて頂ける実感も、一緒に持ち帰らせて頂きました。

 

これから、この子達はどんなふうに成長していくんでしょうか…出来上がりももちろん楽しみですが、その過程での変化の様子を見届けられるのも、楽しみで嬉しくてたまりません。

 

< 発酵LabCoo(発酵ラボクー)お問い合わせ >

  • 電話 090-9982-5917
  • メール coo@labcoo.jp
  • Web:www.labcoo.jp

(「発酵ラボクー」でググってもウエブ検索できます。)

 

相生なぎさホール カフェ Ven美RA (ベンチュラ)

農業普及所の講習会で、相生の「なぎさホール」に行ってきました。久しぶりにぶどうの生産仲間の奥さんと、なぎさホールの敷地内にあるカフェに行きました。

 

頂いたのは日替わりランチ。昨日は「カキフライ」か「鳥肉のソテー」が選べて、デザートとドリンクバーもついて、この品目数で税込み1078円でした。超お得!

 

個室も2部屋あって、昨日は予約が入っていなかったのでそこでゆっくりさせて頂きました。料理もひとつひとつ変化があって美味しいし、お店の人のサービスもとっても心地よくて、くせになりそうです。

 

営業時間も長く、朝のモーニングからランチ、ディナーまで。駐車場もたくさんあるし。良いお店を見つけました。

 

 

貴腐ワインとアイスワイン

先日、赤穂に行ったときにもう一か所寄り道。これはいつも行く場所…業務スーパー内にある「フォーティーセブンリカーズ」さんです。

 

以前ブログでも書かせて頂きましたが、ここの店長さんのワイン愛が半端ないんです。お店で売っているワインのコレクションの数も半端ないですし、それぞれのワインの親切丁寧な手書きの説明書きが、読んでいるだけで幸せになります。その日は残念ながら外出中でお会いできませんでした。

 

今回は、「貴腐ワイン」と「アイスワイン」を買って来ました。どちらも甘口の「デザートワイン」です。

 

「貴腐ワイン」は、ブドウの病気でもある灰色かび病の菌が、成熟したぶどうの実にとりついて、表面のロウ物質を溶かし、果粒から水分が抜けて成分が凝縮したブドウを使ったワインなんだそうです。ただし、灰色かび病の菌が幼果にとりついてしまうと単に腐敗するだけなんだそうです。写真の左、ラベルにある「BOTRYTIS」とあるのが「灰色かび」という意味で、「SEMILLON」というのがブドウの品種なんだそうです

 

「アイスワイン」は、ブドウを樹上でならせたまま、凍る季節まで置いておいて、凍って水分が抜け、成分が凝縮したブドウで作るワインなんだそうです。多分、それぞれ「もったいない精神」と「探求心」が生み出した技なんでしょうね。「貴腐ワイン」も「アイスワイン」も、ブドウの糖度が高くなるので酵母の活性が下がり、それをワインにするのにも熟練の技術と長い熟成時期間が必要になるようです。

 

冷やし方や飲むタイミング、マリアージュの組み合わせ…せっかくなので、心して頂きます。ワインの事で知りたいことは、前出の店長さんの助言と、「神の雫 WINE SALON」というホームページを参考にしています。お酒が飲めない相方が、それでもワインの世界に憧れているのか、「神の雫」というコミックを全巻揃えて持っています。なんと可哀そうな…。

赤穂のカフェ「海と坂と」

今日は用事で赤穂に行ってきました。お昼は御崎のカフェ「海と坂と」さん。ランチプレート「しらすとご飯と」プレートを頂きました。

 

ご飯に釜揚げしらすと大葉と温泉卵が乗ってます。そこに牡蠣のだし醤油やごま味噌をお好みでかけて頂きます。サラダには、ぶどうとオリーブオイルのドレッシングをかけても…

 

お野菜もたっぷり、それぞれのソースもそれぞれ美味しい個性があって、ひとくちひとくち幸せな満足感が口の中に広がります。ぶどうのドレッシングもちゃんとぶどうのコクと甘みと香りが…。

 

食後に頂いたたっぷり入ったコーヒーも、ケニアとエチオピアの豆を絶妙にブレンドした、美味しい仕上がりになっていました。

 

ここのオーナー、実は佐用町三日月出身。ぶどうの出荷の時期に、お店のメニューにとぶどうを買いに来てくださいました。

 

 

お店の雰囲気もとっても居心地がよくて、ほんとにほっこりさせて頂きました。

 

お店を出て数メートル坂を下ると、手入れされた海岸に降りられます。食後に波の音を聞きながら海岸を散歩するのもいいですね。

北野さんちの枝豆(黒豆)

枝豆の季節です。知り合いの農家さんから、昨日は黒豆の枝豆を買って来ました。

 

枝豆の中でも、黒豆の枝豆っておいしいですよねぇ~。その上、収穫している畑に買いに行ったので、新鮮!

大粒で美味しくて、あっという間に完食してしまいました。

 

北野さんちの枝豆のお買い求めは、直接下記までお電話くださいとのことです。収穫期が短い事と、収穫する日もお天気を見ながらなので、販売日もまちまちなんだそうです。

 

北野さん TEL 090-8201-5986

 

日岡八幡神社 大祭

今日は秋恒例のお祭り、日岡八幡神社の大祭がありました。危惧された雨も降らず、とても良いお祭り日和となりました。

 

八幡様のお膝元の4つの集落からそれぞれお神輿が出て、街を練り歩いた後、境内でお練りや獅子舞を奉納し、最後に餅撒きがありました。

 

喧嘩祭りのような派手なお祭りではありませんが、私は、このゆったりとした暖かいお祭りの雰囲気が大好きです。

 

 

朝霧の田んぼ道

今日は朝から雨。朝の散歩はお預けでした。今日の写真は昨日の散歩中の写真です。

 

昨日は朝から霧が立ち込めていました。こんな日は日中晴天になります。霧の向こうに太陽の光が輝いている色合いは、何か神々しく感じられます。

 

送電線のてっぺんも、霧に霞んでいます。あたり一面、ふわふわの霧の布団に抱かれて、安らいでいるように見えます。

西粟倉村 「あわくらんど」の「猪カツカレー」

今日は、久しぶりに直売所めぐりをしてきました。

昼食は西粟倉村のレストランで「猪肉カツカレー」を頂きました。

 

猪肉のカツなのに、臭みもなく柔らかく…そしてヘルシー!…美味しかったです。このレストランでは、サラダとお漬物が自由にお替りできます。お漬物も4種類。それぞれ心を込めて作られているのがわかります。

 

美味しい食べ物に、秋の味覚に、直売所のお店の人たちとの楽しい会話。楽しかったぁ~!

相生のお魚やさん「魚稚(うおわか)」さん

今日は相生に用事があったので、ついでに久しぶりにお魚屋さんに行ってきました。多分約2か月ぶりの町外です。

 

おさかな屋さんは「魚稚(うおわか)」さんです。生け簀もあって、きときとのお魚が並んでいて、店内でも海鮮丼などが頂けます。カキのシーズンは焼きカキが焼けるスペースもあります。

 

三日月の自宅から約40分で着きます。今日はアナゴの天ぷらとハモのフライと、お刺身を買って帰りました。

 

帰りに、スーパー「カワベ」相生店に寄ってきました。地元の人がお買い得な食料品を買うお店のようです。たまたま今日がリニューアルオープンの日だったようで、人がたくさん。

 

佐用は内陸ですが、ちょっと足を延ばすと、海の幸満載の港にも、すぐに行けるのがいいですね。

直売所の手作り品

いつもぶどうを出荷している直売所「味わいの里三日月」に、手作り品の小部屋があります。小物づくりが大好きな方が、お友達と一緒にこつこつと作り上げた小物たちが所狭しと並べられています。

 

いつもは閉まっているのですが、作り手の方がいらっしゃる日曜日には開いています。(いらっしゃらない日は日曜日でも閉まっています。)

 

どれもかわいいものばかり。そのクオリティーは素人の域をはるかに超えています。

 

思わず何点か衝動買い。せっかくなのでぶどうを販売している店頭で、一緒にお客さまをお出迎えしてもらうことにしました。

北野さんちのカルゲン米

新米の季節です。

たつの市新宮町二柏野のお米農家、北野さんが新米を届けに来てくださいました。

 

今年初めてチャレンジした「カルゲン」という肥料を使った特別なお米だそうです。

 

品種は「コシヒカリ」…コシヒカリは別名「コケヒカリ」というくらい倒れやすい品種なんだそうです。その倒れやすいコシヒカリが倒れにくくなるくらい元気なお米なんだそうです。

今晩炊こう!あ~待ちきれない!

 

北野さんちは、枝豆も直売しておられます。

エダマメの季節ももうすぐ!楽しみ!

 

 

日限(ひぎり)地蔵尊まつりののぼりが立ちました

三日月の夏祭り、「日限地蔵尊まつり」ののぼりが国道沿いに立ちました。お祭りは8月23日(金)20時30分~21時の予定です。

 

里山のこじんまりとしたお祭りですが、屋台もあり、クライマックスには約700発の花火があがります。

 

この頃にはぶどうの早生品種の販売量もぼちぼち増え始める頃。夏バテと出荷の寝不足も感じつつ、花火の音にそわそわしてしまいます。

 

三日月のイルミネーション

夕方の散歩道。ちょうど7時になりました。三方里山のイルミネーションに流れ星が灯りました。

 

三日月のイルミネーションは7時・8時…など丁度の時刻に数分間流れ星が灯ります。写真ではわかりにくいですが、ちゃんと流れ星っぽく左から徐々に灯っていきます。

 

おさよんまんじゅう

佐用町のひまわり畑の季節です。…で、今日の写真は三日月の農産物直売所「味わいの里三日月」で販売されている「おさよんまんじゅう」です。

 

今日は地区の定例のお茶会がありました。お茶出しのお手伝い…メンバーの一人が「7月はひまわりの季節だし『おさよんまんじゅう』がいいよね~」というので、お茶菓子は「おさよんまんじゅう」です。

 

ひとつひとつ手作り。なので、ひとりひとり顔の表情が違いますが、どれも可愛らしい。顔の幅は4センチほど。中は白あん。優しい味わいのほっこりする一品です。

 

佐用にお越しの際には是非。…売り切れている場合もあるので、事前に「味わいの里三日月」にご予約を。

 

岡山 「はしや」さんの定食

今日は久しぶりに用事で岡山へ。いつものように車で相生まで行き、一日500円のパーキングに停めて、JRで岡山まで。うちから相生まで40分ほど。相生から岡山までは在来線で1時間、新幹線で15分ほどです。

 

お昼は岡山駅近く一番街の「はしや」さんで頂きました。写真は「鶏肉の黒酢焼き定食」。お芋とレンコンをカリカリにしたチップや夏野菜の素揚げの下に濃厚な鳥の甘酢焼きが盛り付けてあります。ご飯も白米と十六穀枚が選べてごはんとお味噌汁のお替り自由。…で、値段は約1200円。

 

お野菜がたっぷりとれて、お得感満載です。用事のついでにたまにこうやって街の空気を吸いに行き、ウインドーショッピングをしつつ「イマドキ」の感覚を養います。ごちそうさまでした。

 

 

田んぼに水が入りました

少し前まで閑散としていた田んぼにいよいよ水が入りました。写真はぶどう畑の山の入り口近くの田んぼ。

 

山々に囲まれて水が張られた田んぼ。澄んだ青空や新緑の山々を水面に映して、なんとも涼やかです。ぶどう畑から帰ってくるときに見るこの風景にほっと癒されています。

 

味わいの里三日月のルピナス畑

三日月の農産物直売所「味わいの里三日月」の恒例のルピナス畑です。満開を少し過ぎた感じですが、まだまだ美しい姿が楽しめます。

 

京都・下鴨本通りぶらり旅

昨日、ギリシアローマ美術館のレモンの記事をのせました。実はこの後、下鴨本通りをちょこちょこ脇道にそれながら南下し出町柳まで、いろんなお店を見て歩きながら散歩をしました。

 

コースは…

 

地下鉄「北山」駅から

  1. ギリシアローマ美術館
  2. パウンドハウス(ケーキ類)
  3. 美玉屋(和菓子)
  4. はちはち(ドイツパン・自家製天然酵母パン)
  5. ふみ屋(京のおじゃこ)

…で、糺の森の横を通って、出町柳まで。

 

一番下の写真は、出町柳の近く…鴨川の上流の高野川沿いの桜並木です。

 

ちなみに「はちはち」は売り切れる場合が多いので、あらかじめホームページで調べてから電話して説明を聞き、予約してから伺いました。

 

これらのお店のほとんどは、京都在住の友人から聞いたお店です。美玉屋さんは黒蜜団子が美味しいよと教えてもらいました。きなこたっぷりの美味しいお団子でした。その他で買ったものも、それぞれ作り手の想いがぎゅっと詰まった、逸品ばかりです。

 

下鴨本通りは南北に市バスが走っていて、北山から繁華街を抜けて京都駅まで行ける路線があります。本数も多いので、途中でしんどくなったらバスに乗って地下鉄や私鉄、JRの駅に行くことができます。市営バスは均一区間内ならどこまで行っても230円(2019年4月現在)。便利です。

 

「はちはち」のドイツパンはかなり大きくて重たいので、リュックサックなどを持っていくと便利です。

 

ちなみに、京都駅まではJRで新快速か新幹線を使って片道2時間~2時間40分ほどです。電車の出発時刻によっては、新幹線を使っても、新快速を使っても、三日月に到着する時間は同じになる場合があります。

 

 

 

京都・ギリシアローマ美術館のレモンの木

今日は友人に会うために京都に行ってきました。少し時間があったので、北山の周辺をうろうろ…地元の友人お薦めのお店などを巡ってきました。

 

以前、「北山のギリシアローマ美術館という所があってね…」と教えて頂いたので行ってみました。残念ながらまだ開館時間になっていなかったので入ることは出来ませんでしたが、エントランスの美しい木立を入り口から垣間見ることができました。

 

エントランスには、なんと立派なレモンの木が何本も…葉っぱもきれいで実も少し見えました。京都でもこの辺りはずいぶん寒いはず…それでもこんなに立派にレモンを育てられるオーナーの方の思い入れの熱さを感じました。

 

佐用町平福のカフェ「えとらんぜ」さん

今日は大阪から佐用に移り住んで仕事をされている方と、平福のカフェ「えとらんぜ」でランチです。

 

ここのオーナーの方も昨年2月に大阪から移住されて、築約100年の古民家を改修されてカフェを開業されています。ゆったりした古民家の空間とひとつひとつ丁寧に作られたお食事。それからご主人がその都度焙煎されて入れてくださる美味しいコーヒー。

 

庭には丁寧に手をかけて管理された花々…。特にご主人のイチオシはバラだそうで、目を輝かせてお庭を案内してくださいました。

 

高山に旅をする「アサギマダラ」という蝶を呼び寄せたいと、庭でアサギマダラの好きな花を育てておられるお話しなど、ゆったりした口調で素敵なお話しをしてくださいました。

 

5月になったらバラが次々咲き、他の花々も咲き乱れるそうです。…そのころはぶどうも忙しくなる時期ですが、バラの美しい時期に是非にもまた!

 

カフェ「えとらんぜ」

  • 営業日 水・木・土・日・祝
  • 営業時間 カフェ…9時~16時
  •      ランチ…11時~16時
  • 電話 090―6069―1435
  • 住所 佐用町平福459―2

 

 

三日月の桜

三日月周辺今が桜が溢れています。上の写真は三日月中学校周辺の桜。下の写真はJR姫新線・三日月~徳久の区間・三日月駅を出てすぐの桜です。一列に並んだ電信柱の所にJRが走っています。

 

今年の桜は長生きです。昨日はものすごい強風でしたが、それでもほとんど散りませんでした。明日は雨…というか、雪になるかも…という予報。花ちらしの雨になるかもしれませんが、温度が低いので、まだまだ期待大です。

 

三日月の梅

JR姫新線の三日月駅の南側の川沿いに、延々と梅の木が植えられています。それが、今、満開です。遠目で見ても見事です。

 

ぶどう畑でも、山の方から、何の花かはわかりませんが、甘い花の香りが漂っています。

 

ほんの数日前はさむいさむい冬だったのに、あっという間に春の気配に包まれました。